薪の窯でピッツァを焼いています。

Blog ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ

新潟岩原本店、長野軽井沢店、北海道洞爺湖店、新潟湯沢高原アルピナ、新潟大源太キャニオン(ヴィチーニ、お土産六角堂)のお知らせブログです。
洞爺:オススメワイン


ディナーでピットーレ洞爺店にいらっしゃったお客様は、季節のお勧めメニューとグランドメニューの他に、小さめの紙に刷られた「〜本日のグラスワイン〜」というメニューをご覧になった事がおありだと思います。
今日はその本日のグラスワインに書かれているワインを紹介いたしましょう!

上から、スパークリングワイン「コドニュークラシコ」
スペインのカタルーニャ地方の物で、ブドウ品種はシャルドネ

次にロゼワイン「マリア・ローザ・ロザート」
イタリアのアブルッツォ州、ブドウ品種はモンテブルチアーノ・サンジョベーゼ

三番目に白ワイン、こちらは2種類ありまして「セレーゴ・アリギェーリー・ビアンコ」
イタリアのヴェネト州、ブドウ品種はガルガーネガ・ソーヴィニヨンブラン

そして洞爺湖の月浦のワイナリーで作られております「月浦ワイン、ミュラートゥルガウ」
ブドウ品種は名前と同じくミュラートゥルガウですね。

続きまして赤ワイン、こちらも2種類ご用意しておりまして、まず「バルベラ・ダスティ」
イタリアのピエモンテ州、ブドウ品種はバルベーラ

こちらは少し異色のメニューですが、「ホットワイン」トスカーナ州のサンジョベーゼを使いまして、ほんのり甘く、温かくしてお出しするワインですね。

最後にデザートワインをご紹介いたしましょう。
「ヴィンサント・デル・キャンティクラシコ」
イタリアのトスカーナ州、ブドウ品種はトレビアーノ・マルジヴァ
世界的に見て、辛口のワインが殆どの流通量を占める中、数少ない甘口のワインでございます。
お食事を楽しまれた後に、ほんの少し琥珀がかったワインのお色をうっとりと、光に透かして飲まれると格別のお味がしそうです…。

今日は最後に語らせていただいた、ヴィンサントとは何か、を少しだけここで書かせていただきます。
イタリアに詳しい方ならヴィン・サントのお名前でおや、と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
その名の通り、ヴィンサントはイタリア語で「聖なるワイン」を意味する言葉です。
トスカーナ地方で古くから聖体拝領の時に飲まれていた、伝統的なワインなのでこの名がついたようですね。
このワイン単体で飲むこともあれば、アーモンド入りのカントゥチーニというビスコッティの一種を浸して食べる事が多いそう。

長々と失礼いたしました、こちら洞爺湖は雨続きで、なんとなく空の機嫌が思わしくないですが、ピットーレは定休日がございませんので、毎日お客様のご来店を元気に明るくお待ちしております!
Arrivederci!!



洞爺:金澤
| 洞爺 ワイン | 14:05 | - | - |
洞爺:今週のワイン
 


 週代わりのオススメグラスワインも第3週目に入っております。

 今週はシチリア州、プラネタ社のワインをご用意しております。

 赤:『シラー』 品種:シラー  グラス¥1260(税込) 
 
 白:『ラ・セグレタ・ビアンコ』 品種:グレカニコ、シャルドネ  グラス¥840(税込)

 完熟したフルーツのリッチな味わいをぜひ楽しんで下さい。
 どちらもスッキリとしていて飲みやすいと思います。
   
 『シラー』はラベルのデザインも素敵ですね。
 個人的に、スーパーなどのワイン売り場に立つとラベルで選んでしまうのです・・・
 ピットーレ店内にも様々な飾りボトルがあるので自分好みのデザインを探してみてください。


                                                      洞爺店:奥村
| 洞爺 ワイン | 15:26 | - | - |
洞爺:今週から始めました!!



 皆様により多くのワインをお楽しみ頂くべく、週替わりでグラスワインの提供を始めました。

  まず第一弾の今週はヴェネト州から。

 
 @赤ワイン『トアール(マアジ)』【コルヴィーナ種】 グラス1050円(税込)  
   渋みがあり、熟した、ボディのある味わい。
 
 @白ワイン『ソアヴェ クラシコ(ピエロパン)』【ガルガーネガ種】 グラス840円(税込)  
   すっきりした酸味と果実味。

  
 「ボトル1本となると飲みきれない・・・」「少しずついろんな種類を楽しみたい!!」という方に。

 グラスで、しかもかなりお得な価格です。

 私のようにワインを知らないという方にも、初めて出会うワインを楽しむ機会にして頂きたいと思います。




 @週末の営業についてお知らせ
  《3月29日(金)ディナー》
  17時30分からのディナー時間は貸し切り営業の為、当日お越し頂きましてもご案内出来かねますのでご了承下さい。

  《3月30日(土)ディナー》
  17時30分から20時まで貸し切り営業致します。
  当日のお客様は20時以降ご案内させて頂きます。

  《3月31日(日)ディナー》
  貸し切りではありませんが団体のお客様でご利用があります。
  当日の状況により対応させて頂きますので、来店をお考えのお客様はお問い合わせ下さい。

 


                                                       洞爺:奥村
| 洞爺 ワイン | 11:54 | - | - |
洞爺:おすすめスパークリング

こんにちはー。Pittore各店舗もまだまだ暑い日が続いているそうですが、
TOYA店も変わらず暑いです。今年は残暑が長引くんでしょうか??
TOYAサービス石川です。

こうゆう暑い日が続くとスカッとしたくなりますよね??
なので今の時期にオススメしているスパークリングワインがあります。

そいつはこちら!!

じょじょん。



スペインのコドニュー クラシコです。

こちらはスペインのカヴァなんですが、
TOYA店では普段フルボトルでしかお出ししていないのですが、
TOYAに来ていただいたお客様にスカッと夏の熱気を吹き飛ばして頂ければ!!

というスタッフの想いから、今ならなんとグラスでもお出ししています。
ですので残暑が厳しくて『干乾びてしまうわー』という方はこちらのガバで乗り切ってくださいね。

皆さんのご来店お待ちしています。


| 洞爺 ワイン | 17:13 | - | - |
洞爺:祝☆成人!
 明日、1月9日は成人の日ですね〜

大人の仲間入りということで・・・

ピットーレ洞爺から新成人に

おすすめのスプマンテをご紹介いたします!!!

紹介してくれたのはもちろん

ソムリエのA支配人!

「成人したらやっぱこれでしょ」っと取り出したのは


         【フェッラーリ・ペルレ・ロゼ】

華やかで優雅な味わいは新しい門出にピッタリです

淡いピンク色と花の香りを是非お試しください

真っ白な雪を見ながら


乾杯!!
| 洞爺 ワイン | 20:47 | - | - |
洞爺、おすすめワインです。

 連日の快晴のためか、湖側のツララがとても大きくなってます。





そんな洞爺からはおすすめの白ワインを紹介します。

おじさんラベル(笑)のロエロ・アルネイス(ヴィエッティ) ¥7.560(税込)



ボトルの形が特徴的な ガヴィ・コムーネ・ディ・ガヴィ(ヴィッラ・スパリーナ) ¥12.600(税込)

どちらとも、ピエモンテのD・O・C・Gでしっかりとしたボディーのある、さわやかなワインです。

グリルした魚や魚介のパスタ、生ハム等に合いますので、是非ご一緒にお試し下さい。 

| 洞爺 ワイン | 09:12 | - | - |
洞爺、虹に乾杯!

雨が降ったりやんだというときには、こんなごほうびが!



洞爺湖に虹がかかりました。

虹に乾杯しましょう!

洞爺店のノヴェッロ(新酒)はコレです。



青いラベルのがピエモンテ州、黄色いのがマルケ州のものです。
どちらもフルーティーで飲みやすいですよ。
是非お試し下さい。

| 洞爺 ワイン | 23:01 | - | - |

ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ピットーレ岩原本店

岩原高原ピットーレ本店


Pittore IWAPPARA



軽井沢店上
軽井沢店外観
軽井沢店下



湯沢高原リストランテ・ピッツェリア アルピナ
湯沢高原アルピナ
RistorantePizzeria Alpina



ピットー北海道洞爺湖店
北海道 ピットーレ洞爺湖店
Pittore Toya


大源太タヴェルナ・ヴィチーニ
大源太キャニオン タヴェルナ・ヴィチーニ
Taverna Vicini







アルペンスキーワールドカップ湯沢苗場大会

中里スキー場

岩原スキー場

岩原観光協会

湯沢高原

ザ・ウィンザーホテル 洞爺

大源太キャニオン

土屋ホーム軽井沢モデルハウス
+ PROFILE
ピットーレとは?
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+WEATHER

+ OTHERS
なるほど辞典
+ MOBILE QR
携帯からもアクセスできます。
+ RECRUIT

★スタッフ募集中!「私たちと一緒に、ピットーレで働きませんか?」
1/1

La locanda del pittore
このページの先頭へ